スピードラーニングの評価や英語学習のポイント|イングリッシュナビ

日本語使用を避ける

握手

留学をしっかりとモノにするために

留学をしっかりとモノにするために必要なことを紹介いたします。 留学の際に気をつけたいのは、まず「初心を忘れない」ということです。 なんのために自分は留学したのか、誰にお世話になったのか、これらをしっかりと心に刻んで生活してください。海外での生活は、最初は刺激的で楽しいことも多いですが、数ヶ月経つと途端にホームシックが襲ってきます。これは初心を忘れている証拠でもあります。 人間生きていれば誰しも弱気になることはありますが、留学先で弱気になってしまえば、そのまま消化試合のように時間を過ごすことになりかねません。自分は完全に蚊帳の外だと感じることが出来るからです。そうして引きこもったり、現地の日本人とのみ交際すると、留学の意味がなくなってしまいます。

それでも失敗をおそれないで

そのような失敗の経験は、留学生なら誰しもが最初に経験するものですし、最初から失敗をおそれて消極的になるのは一番良くないことです。 失敗したら、そこからどのように振舞えるかが大切です。すぐに諦めてしまうような性格では、余程の環境にない限り、留学は成功しないと言えるでしょう。ストイックな性格よりも、いくらか楽天的に考えるということも大切です。 語学に関しては、精一杯努力して話せるようになりましょう。日本語で考えないことが大切です。日本語と外国語では、使用する脳の部位が違うそうです。つまり、日本語を使いながら英語を学ぶというのは非効率的なのです。現地についたら、ブロークンでも良いので、現地の言葉で生きるように努めましょう。

Copyright© 2015 スピードラーニングの評価や英語学習のポイント|イングリッシュナビAll Rights Reserved.